S女に調教された僕の変態マゾ豚落ちする末路

最近になって
思うことがありますが
M女ばかりを
犯してきたなということです。

確かに
自分の性的趣向が
どちらかというとSより
ということもあって
セックスではMと
することも多かったです。

ましてや
PCMAXにはM女
非常に多くいますから
余計Sに転じることが多く
自分がMになるということは
まずまずありませんでした。

しかし
僕は正直言って
どちらもいける口であり
たまにはMに転じたいときもあります。

ただ
ここ最近女性がMばかりで
自分がSになることは
ありませんでした。

それを実現すべく
PCMAXを利用して
Sの女性を募集したのですが
意外と簡単に見つかったので
今回はその体験談を
少しだけ語らさせていただきます。

自分が
Mになることは久々で
相手のペースに完全に飲まれたので
かなり新鮮なセックスでした。

 

相手から猛アプローチを受ける

普段通り
PCMAXを利用していましたが
少しだけプロフィールを
いじってみることにしました。

それは
ある程度基本的な自己紹介をして
末尾に「若干Mっ気があります」

という一言を追加したのです。

当然
検索をすれば
相手もそれに便乗して
メッセージをしてくれるので
自分からSっ気のある
女性を見つける手間を
省くことができるのです。

編集してから
二時間経った頃でしょうか。
一人の女性からメッセージが。

 

「プロフをみて気になったので
メッセージしてみました」

そういう旨の
メッセージが届いたので
早速やり取りをしてみることに。

 

僕は
若干警戒していたので
普通のメッセージの
やり取りをしていたのですが
少しやり取りをした後に
相手からのアプローチを
受けることになります。

「本当にMなの?」

「どれくらいMなの?」

そういうことばかりを
聞いてくる彼女に
少し興奮を覚えながら
律儀にもちゃんと答えていたのです。

どれくらい
と聞かれてしまえば
少し返答に困ってしまいますが
想像している以上に
Mだと思いますよ

と答えると

彼女も
「そうなんだ。変態なんだね」

とメッセージの時点で
若干言葉攻めをしてくるので
これは期待できると思いました。

そこで
早く会ってエッチしたいという
願望も若干見え隠れし始めたので
会う約束をしてみることに。

すると
彼女は何も言わずただ
メッセージで

「八時 駅前 集合」

それだけを送ってきたのです。

 

待ち合わせ場所に行けば一人の女性が

 

約束の時間になって
待ち合わせ場所に行ってみれば
一人の女性が立っていました。

その女性であり
かなりスレンダーで
おっぱいはそこまで大きく
ありませんでした。

胸がすべてというわけではなく
普通にきれいな体だったので
僕の中では基準点でした。

これから
エッチなことが始まると思うと
若干ワクワクしていたので
とりあえず挨拶をしてみることに。

相手も
初めてということもあって
少し照れくさそうにしていました。

やはり
PCMAXでやり取りをしているときは
顔が見えていませんから
そこまで恥ずかしくはありません。

ただ
面と向かって挨拶をしてみれば
やはり恥ずかしくなるものです。

食事を済ませているので
そのままホテルに直行ですが
車で向かうことになりました。

ol_hmj0313_37-640x361 S女に調教された僕の変態マゾ豚落ちする末路

車で向かうときに
PCMAXで話していた話の続きを。

どこまでMなのかと
聞かれてしまっても
正直最近Sっ気のある
セックスしかしていなかったので
どうこたえようかと思っていました。

しかし
これからMになって
責められることだけを考えると
不思議と言葉が出てくるものです。

ちゃんと
受け答えをしていると
彼女もスイッチが入ったのか
足取りがかなり早くなりました。

そして
なんやかんやしていると
もうホテルに着いたのです。

とことん攻めてくる熟女

僕よりも6個も年上で
世間では熟女の分類に
入るであろう彼女ですが
スイッチが入れば大変でした。

ベッドに入ってから
彼女は少し遅れて
ベッドに入ってきました。

特に
何の準備もしていませんでしたが
ただ服を少し脱いでいたのです。

そして
ここからは
完全に相手が主導権を握って
セックスをするという算段。

まずは
キスから始まりました。

彼女は
僕の上に馬乗りになって
身動きをとれない
状態にしてからキスを。

舌を使って
僕の口内を嘗め回す感じは
かなり変態でいやらしかったです。

何よりも
音を立てて口の中を
嘗め回しているので
それで興奮してチンポが勃起。

すると
彼女はそれに察してくれたのか
「もうビンビンになってるよ?」

という言葉攻めをしてきたのです。

 

久々にMに転じてみた
ということもあって
その言葉攻めさえもたまりませんでした。

より
勃起してしまったので
パンツを突き破るかと思いました。

そんなこんなで
ギンギンに勃起したチンポ
手コキしてくれました。

キスをしながらの
手コキですから
若干忙しそうにしていましたが
それが終わると乳首責め

 

これは
僕が一番好きとする
エッチの流れでした。

正直言って
挿入するよりも
乳首責めされながら手コキされると
それだけでもう
頭が真っ白になってしまうのです。

 

あまりにも
気持ち良すぎて喘ぎ声さえも
出してしまったのです。

ol_hmj0313_37-640x361 S女に調教された僕の変態マゾ豚落ちする末路

そうしていると
彼女はおもむろに
パンツを脱ぎ始めて
自分の局部を僕の顔に
近づけてきたのです。

そうです。
顔面騎乗位
求めてきたのです。

一心不乱に
彼女の局部をなめていると
彼女は喘ぎ始めました。

今日初めて
聞いた喘ぎ声はかなり
甲高かったのでエロく感じました。

そして
それを聞いてさらに勃起。

 

ついに
しびれを切らしたのか
彼女は挿入を試みました。

ol_hmj0313_37-640x361 S女に調教された僕の変態マゾ豚落ちする末路

チンポが自分の
局部に入ってしまえば
もうそれだけで悶えてしまいます。

待ってました
と言わんばっかりに
腰を振っている彼女は
かなりえろかったです。

腰遣いも
テクニックもすべて
群を抜いていて
気持ちよさもぴか一でした。

しかし
そんな気持ちよさもつかの間
僕がイきたくなったので
彼女に伝えると
まだイっちゃだめといわれました。

しかし
腰を振り続けていると
さすがに我慢できなくなってしまいます。

そして
ついに我慢の限界が来ました。

そうです
そのまま中に出してしまったのです。

彼女は
少し抵抗していましたが
それでも起こることなく
満足げにしていたので特に
問題はありませんでした。

ol_hmj0313_37-640x361 S女に調教された僕の変態マゾ豚落ちする末路

責められたいならPCMAX!

女性から
責められたいと思っても
中々うまくいきませんよね。

同じ性的趣向の
人がいれば話は別ですが
たまたまそういう人がいるとは
限りません。

それに
ここまでSっ気のある女性
というのもかなり珍しいです。

単に責められたいと思っていても
似非のSっ気のある人では
あまり意味がありません。

エッチでSっ気のある人
だからこそ意味があるのです。

それを実現できるのがPCMAX
変態な女性がわんさかいます。

僕の場合は
M女ばかりを最近は
探していたので
Sっ気のある女性には
目も当てていませんでした。

しかし
当ててみると意外と多く
より性的趣向が広がりそうです。

この中でも
女性に責められたいと思っている人が
いるのであれば
まずは登録からしてみてはいかがでしょうか。

登録無料 PCMAX (18禁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA